このエントリーをはてなブックマークに追加

いま真空管アンプの音を味わいたければこのモデル トライオード TRV-A300SER

近年、オクターブなどに代表されるようにハイパワー&ハイスピードな真空管アンプが登場し、音質というのは増幅素子の種類ではなく総合的な設計で決まるのだという認識が広がってきています。今まで抱いてきた「真空管の音」というイメージも”思い込み”ではないかという声さえあります。しかし、それでもなお真空管アンプ特有のマイルドで温かみのある音を求めるユーザーは少なくありません。そんな方にお奨めしたいのがトライオードのTRV-A300SERです。その理由とは...

整流管がトライオードの音をどう変えるのか

このTRV-A300SERは型番からも分かるとおりTRV-A300SEの後継モデルという位置づけのようですが、外観を含めて別物と言える中身になっています。とくに大きな変更点は整流管の採用でしょう。トライオードではプリアンプやフォノイコライザーに整流管の搭載例はありますが、意外にもプリメインアンプでは初めての採用とのこと。

21404713618_4c5c5f3363_o

真空管アンプといえども今ではあたりまえのように整流回路にシリコンダイオードが使われています。しかし内部抵抗の大きさなどのデメリットを認識しつつも、スイッチングノイズが発生しない整流管の音を好み、敢えて選択するユーザーはオーディオのみならずミュージシャンの中にも存在します。その愛される音色の特徴は「やわらかい」「中低域の厚み」等にあるようです。また、ロック系ギタリストの中には「滑らかな歪」を実現するために整流管モデルのギターアンプを愛用している人もいます。

mesa boogie

そんな整流管搭載がトライオードの音をどのように進化させたのかを確認するために、TRV-A300SERの実機を借りて試聴してみました。

スペンドール S3/5R2と組み合わせて音質を検証

組み合わせるスピーカーは同社で取り扱っているスペンドール S3/5R2で、TRV-A300SERはPSVANEではなくノーマル300B仕様モデルです。出力トランスはS3/5R2に合わせ8Ωを選択しています。再生にはMAJIK DSMを使用し、ハイレゾやCDリッピングの音楽データを音源に使います。

21581230912_1871bc25bc_o

21404506480_0633fee103_o

また、TRV-A300SERにはNFB(ネガティブフィードバック)のオン、オフを切り替えるスイッチが付いていますが、比較試聴の結果、オフ(無帰還)を選択しています。オンにすると音は整いますが、音量が下がるのはもちろん躍動感や鮮度が落ちる印象でした。トライオードにはTRX-P6LやTRK-3488などNFB切替スイッチを搭載したモデルが他にもありますが、総じてオフ(ゼロ)の方が音にダイレクト感があります。

21405622449_f2a468ae93_o

最初に、低音を含めた基本的な音質傾向を探るためにBrian Brombergの超絶ベースアルバム『Wood』から「The Saga Of Harrison Crabfeathers」(ハイレゾ96kHz/24bit)を聴いてみました。

wood

広がり感や空間情報量は控えめながらウッドベースの質感やエネルギー感はかなりリアルです。静謐なハイエンド機の音の佇まいとは異なりなすが、シンバルやピアノの高音部が耳障り良く、各楽器の音色に独特の煌びやかさが付加されます。「やわらかい」という特徴はゆるい音になりがちですが、TRV-A300SERが再生するベースのピッキングやバスドラムには芯があり、予想外に力強い音です。

ボーカルも聴いてみたいので、Jennifer Warnesの『The Wel』からBilly Joelのカバー「And so it goes」(CDリッピング)を再生してみます。

ジェニファーウォーンズ

声はフッと浮かびあがるというよりは、存在感を感じさせる厚みのある表現です。もう少し空間の広さが出ればと感じなくはないですが、傍で語りかけるようなボーカルがこのモデルの持ち味なのでしょう。冒頭のピアノも綺麗に鳴るというよりは、しっとりと胸に響きます。

こんな音を聴いているとどうしてもハードロックを再生してみたいという欲求が湧いてきて、Van Halenの大ヒットアルバム『1984』から数曲聴いてしまいました。

1984

このアルバムの次に発表されたサミー・ヘイガー加入後の『5150』から徐々に音の加工が始まり、後期にはアンプもPeaveyに替わりますが、このアルバムまではMarshallのストレートなディストーションサウンドが聴けます。「Panama」のギターリフで聴かせる気持ち良い歪にもニヤリとしてしまいますが、意外にも最も印象的だった音は「Jump」のキーボードです。あの有名なオープニングで演奏されるアナログシンセ特有の柔らかな響きとTRV-A300SERの組み合わせは、今回のベストマッチでした。

ギターアンプでは真空管が主流なように、トランジスターではどうしてもノイズに寄っていってしまう歪を心地よい音にとどめてくれる真空管アンプには、やはりロック系サウンドとの相性の良さを感じます。その傾向は整流管搭載により一段と強まるとTRV-A300SERの音が実証しています。

試聴を終えて

試聴前は、今では貴重な密閉式ブックシェルフで出力音圧レベル84dBというS3/5R2を、純A級シングルで8W+8W(8Ω)という控えめな出力のTRV-A300SERが鳴らせるのか心配でしたが、まったく問題ありませんでした。

20971429103_05a907e6b6_o

S3/5R2は密閉型でありながら急激に低域がカットされるような不自然さが無く、量感十分ですがキレのある低音を聴かせてくれ、TRV-A300SERもそのポテンシャルをうまく引き出していたと思います。ボリュームを上げていってもリニアに反応し結構な大音量で鳴らせます。ただ、あまり音量を上げ過ぎると必死さが前面に出て余裕が無い鳴り方になるので、9時から10時あたりのボリューム位置が適正だと思います(それでも結構大きめの音ですが)。

ハイパワーなアンプも良いですが、小出力のアンプにしか出せない音というのもあります。そんな、数字の大きさでは測れない真空管アンプの魅力をTRV-A300SERは味わわせてくれると思います。

 

[販売ページ]

※価格はご相談下さいませ!

TRIODE プリメインアンプ TRV-A300SER

SPENDOR スピーカー Classic SP-R S3/5R2 [ペア]

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事