このエントリーをはてなブックマークに追加

DALI ZENSOR「AX」モデルで実現する「Bluetooth×Hifiオーディオ」の世界!

豊かな量感と美しい音色で人気のスピーカーブランド「DALI」。数々の商品ラインナップを誇る人気のスピーカーブランドです。そのDALIの中でも絶大な人気と評価を誇る「ZENSOR」シリーズのスピーカーに、アンプ内蔵、Bluetooth接続により音楽を再生するアクティブスピーカー「AX」モデルが存在することをご存知でしょうか?ロスレス・ストリーミング時代の幕開けとなった昨今、Bluetooth×アクティブスピーカーでの本格的なオーディオ再生が実現しています。新しい時代を予感させる「AX」モデルについて考察してみたいと思います。

Bluetoothでも高音質が得られる音声コーデック「aptX」

まずはじめにBluetooth接続での音質について心配されている方のために、音声の圧縮方式(いわゆるコーデック)について簡単に触れておきます。「AX」モデルに搭載されているBluetoothは「aptX」に対応しています。ここが結構重要なポイントです。

aptXの概要
読み: あぷとえっくす 英語名: aptX

aptXとは、Bluetoothのワイヤレス通信で用いられる音声コーデック。スマートフォンで標準的に使われることの多いSBCコーデックやAACコーデックよりも高音質、低遅延で音声データを伝送できるとされる。
SBCではデータ転送量が可変であり、データパケットが一定量になるまでデコードが開始されなかった(待ち時間が発生していた)ことから、音質の低下や遅延を招いていた。aptXではこれらを解決し、例えばスマートフォンで再生している音楽を元のデータに近い高い品質のまま、少ない遅延でヘッドフォンに伝送し、聞くことができる。遅延はSBCと比較しておよそ半分程度に抑えられている。
aptXを利用するには、送信側と受信側の両方の機器が対応している必要がある。例えばスマートフォンでaptXを使って音楽を聞きたい時は、スマートフォンだけでなくヘッドフォンやスピーカーもaptXに対応している必要がある。
なお、aptXよりさらに遅延を低下させたaptX Low Latencyというコーデックも開発され、Bluetoothスピーカーやポータブルアンプなどで採用されている。

(出典:KDDI用語集)

再生側(PCやスマートホン)が「aptX」に対応していれば、広く普及している「SBC」や「AAC」などのコーデックに比較して高音質なオーディオ再生が楽しめます(実際に聴いてみるとその差ははっきりと分かるレベルです)。一般的な価格帯のスピーカーケーブルを接続したスピーカーとの比較であれば、聴感上の差はほぼ感じられないレベルではないかと思います。


(PCであればWindows10は標準でaptXに対応していますから、aptXに対応したBluetoothアダプター(ドングル)を別途用意すればOK。1,000円台のものでも大丈夫です)

ロスレス音楽ストリーミングサービスを聴き倒すのに「ちょうどいい」

もう一つ、「AX」モデルをおすすめするにあたり重要な意味合いを持ったのは、当店で何度も紹介しています定額のロスレス音楽ストリーミングサービス「DEEZER」の登場です。というのも、いくらBluetoothのコーデックが良くなっても、送り出されるソースの音質が低ければ意味をなしません。ロスレスでなくロッシーである従来の音楽ストリーミングサービスでは、aptXであろうがスピーカーケーブルの接続であろうが音質のレベルに限界がありました。
ですが、今ならPC版「DEEZER」はロスレスの音楽を再生できますから、aptXに対応したBluetoothアクティブスピーカーで鳴らせばよりオーディオグレードの高音質を確保できるという訳です。音声コーデックが高音質で、再生ソースも高音質であればBluetoothアクティブスピーカーでも十分に高品位なオーディオ再生をお楽しみ頂く事が可能です。特にロスレス音楽ストリーミングサービスを楽しむのに「ちょうどいい」スピーカーではないかと感じました。

「DEEZER」は月額1,960円で4,300万曲以上を提供しています。音楽鑑賞を趣味とするなら「いくら時間があっても足りない」と感じさせてくれるサービスで、新しい素敵な音楽との出会いが待っているはずです。このサービスをカジュアルに、そして高音質で楽しむのにDALIの「AX」モデルを選ぶのはひとつの正解ではないかと思います。
そして今後も増えるであろう高音質の音楽ストリーミングサービスは、Bluetoothアクティブスピーカーの存在に確かな意味付けを行うものになっていくでしょう。

http://www.tamagawaaudio.com/blog/?p=2724

また「AX」モデルのスピーカー背面には96kHz/24bit PCM信号に対応したopticalのデジタル入力端子を備えており、CDプレーヤー等のoptical出力端子からデジタル結線で接続することも可能。ディスクの再生を行いたい場合でも対応する事が可能です。PCとディスク再生が両方使えるで更に安心感があります。

※付け加えると、ハイレゾ音源の再生などがメインとなる超高音質派の方は、今のところ従来通りのスピーカーケーブルを使用したスピーカーをチョイスしたほうが良いでしょう。


(ZENSOR1AX)

アンプ内蔵故の省スペース、簡単設置!予算も低減!?

アクティブスピーカーということで、省スペースと簡単な設置/セッティングもうれしいところです。電源ケーブルを挿して左右のスピーカーをつなぐだけで準備完了。再生装置でペアリングを行えば再生可能となります。オーディオ機器の背面のごちゃごちゃしたケーブルは必要ありませんし、無論アンプやプレーヤーも必要ありません。設置スペース的にもメリットは大きい。また、機械に苦手意識がある方でも安心してご利用頂けると思います。

内蔵のアンプは出力50W+50WとなるCLASS Dアンプです。他のスピーカーと接続等はもちろん不可能ですので、このアンプの特性など全貌は明らかではありませんが、「AX」モデルを鳴らすにあたっては特に不満を感じることはありませんでした。DALIの特性を活かすようなサウンドデザインで、ZENSORシリーズと組み合わせて使用するグレードの、一般的なアンプと同レベルの実力値は備えていると感じます。
アクティブスピーカーはつまり単体のアンプを必要としません。更に再生をPCで行う場合はCDプレーヤーも必要ない訳ですから、新しいオーディオ環境の構築に当たり必要予算の計算もシンプル尚且つ低予算になるのではないかと思います。アクティブスピーカー「AX」モデルとお持ちのPC、そして「DEEZER」への登録で新たなリスニングスタイルの扉が開かれます!

ポイント

  • DALI「ZENSOR」シリーズは信頼と実績の高音質!
  • aptX対応で無線でも高音質!
  • アンプ/プレーヤーを必要とせず省スペース/低予算!
  • 配線等セッティングが極めてシンプル!
  • 「DEEZER」などロスレス音楽ストリーミング再生を組み合わせがおすすめ!


(背面上からソースのセレクター、ボリューム、L/Rを接続するためのスピーカーケーブル端子、AC電源、ステレオminiプラグの入力端子、SUB出力端子、optical入力端子)


(optical入力)


(Bluetooth接続では青いインジケーターが点灯)


(豊かな低域が自慢のZENSORシリーズ)

まとめ

一般的なステレオでの音楽再生は、大きく重いアンプとCDプレーヤをセットして、更にスピーカーを設置します。オーディオショップとして発言するのもどうかと思いますが、スマホ全盛の今この時代に、まさにスマートさにかけている部分があるのは否定できません。高音質のBluetoothアクティブスピーカーであれば、設置場所や導入機器に関する問題点が大幅に軽減され、なおかつオーディオ本来の高音質を楽しめる。導入するメリットは十分にあると感じます。音楽メディアがディスクからストリーミングに移行する転換期にある中、Bluetoothアクティブスピーカーの役割は今後更に大きくなるとみて間違いがないと思います。そんな中、オーディオファンにはおなじみのDALIがリリースしたZENSORシリーズ「AX」モデルは今こそ注目に値するスピーカーだと思います。

■メーカー商品ページ
http://dm-importaudio.jp/dali/l3/Vcms3_00000783.html

■当店販売ページ

DALI aptX対応 Bluetoothアクティブスピーカー ZENSOR1AX

DALI aptX対応 Bluetoothアクティブスピーカー ZENSOR5AX

[今回の試聴曲]

■ノラ・ジョーンズ「DAY BREAKS」より「ドント・ノー・ホワイ(Live in NYC)」

スタジオ収録版よりもグルーブ感が感じられるライブバージョンの「ドント・ノー・ホワイ」。ライブの臨場感が感じられる名演です。DALIというとクラシックのイメージがあるかもしれませんが、豊かな低域の量感はジャズやロックも合います。

■パット・メセニー・グループ「Still Life」より「Last train Home」

曲のスケール感、疾走感が感じられるかをチェック。各楽器のセパレーションも良好で、それぞれの音域が心地よく響きます。

■ダイアナ・クラール「Wallflower」より「Wallflower」

オーディオの試聴時によく使用されるアルバムで、「デスペラード」が再生されることが多いのですが。今回は表題曲の「Wallflower」を再生。いわゆる女性ヴォーカルものもDALIの良さが引き立ちます。

■アンネ=ゾフィー・ムター「Carmen Fantasie」 より「タイスの瞑想曲」

DALIの鳴らす弦楽器は本当に美しい響きです。溶けてしまうような甘味な音色に心が癒やされます。微細なニュアンスもしっかりと聴かせてくれるDALIの真骨頂という趣き。

■ホルスト「惑星 [カラヤン指揮,‎ RIAS室内合唱団]」より「木星」

もちろんオーケストラもDALIは得意中の得意どころ。量感たっぷりに曲の世界に没入させてくれます。

■メーカー商品ページ
http://dm-importaudio.jp/dali/l3/Vcms3_00000783.html

■当店販売ページ

DALI aptX対応 Bluetoothアクティブスピーカー ZENSOR1AX

DALI aptX対応 Bluetoothアクティブスピーカー ZENSOR5AX

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事