このエントリーをはてなブックマークに追加

PMCのスピーカー「DB1 Gold」の実力を再認識!

「スタジオのサウンドクオリティーをご自宅で」をコンセプトに誕生したPMCのブックシェルフスピーカー「DB1 Gold」。当店に常設展示がございますが、ご購入を検討中のお客様と共に改めてじっくりと聞く機会がありました。2016年3月の発売開始より少々時間が経過しておりますが、再評価ということで今回ご案内させて頂こうかと思います!

【スピーカーメーカー「PMC」とは?】

  • BBC に在籍していたエンジニアが独立して英国で創立
  • PMCと言えばスタジオモニターとして世界中で信頼されている
  • 放送・映画・音楽制作、マスタリング等、プロフェッショナルスタジオモニター
  • 世界でも有数とされるクラシカルレコーディングで使用されている
  • 2000年代はホームシアタースピーカーとしても大いに人気があった

【主要な音楽スタジオへの導入実績】

  • Teldex スタジオ(独)
  • Emil Berlinerスタジオ(独)
  • Deutsche Grammophon(独)
  • DECCA(英)
  • Philips and Harmonia Mundi

【主要な映像系のプロフェッショナル環境への導入実績】

  • BBC
  • Dolby
  • DTS
  • Dreamworks
  • JVC studio Japan
  • Metropolis
  • SonyMastering

その実力に反して国内の知名度は今ひとつ低いように感じますが、PMCは世界的に評価の高いスピーカーメーカーなのです!

【DB1-GOLDを聴いた感想】

  • モニターならではの音の生々しさ
  • 硬くも柔らかくもない聴きやすい音質
  • どの音域も安定した鳴りで聴き疲れない
  • 分解能が高い
  • やっぱり低域の魅力
  • 低域は特徴だが強調され過ぎることがない
  • 嫌味のない低音
  • ある程度の音圧を入れると俄然低域が躍動する
  • 音量を大きくしても破綻も歪みもなくついてくる事に優秀さを感じる
  • 重厚なオーケストラも迫力ある鳴りっぷり
  • 高域は繊細で上品
  • 中域は厚みを感じられる
  • パンチ力ありガンガン鳴らしても面白い
  • 定位が良く芯を食ったような音がする
  • ふくよかな音色
  • 繊細な弦楽器、ピアノも表情豊かに
  • クラシック、ジャズ、ロック、ポップス等ボーカルすべてに合います
  • 空間表現力が素晴らしい
  • 浮かぶ音像がリアルで等身大
  • 自然な鳴り方故製作側の意図を感じる

家庭で楽しむスタジオモニターというポジションが明確であり、作るべき音、進むべき方向性がそのまま具現化したかのようなスピーカーです。モニタースピーカーという性質上ことさらに音を派手にしたり、強調したりという味付けがありませんが、その分制作側の意図を感じられるような素直で実直な音を聞かせてくれます。小音量でもクオリティーの高さは感じられますし、ある程度音量を上げて聞くとますます「DB1 Gold」の面白さが際立ちます。

音楽のジャンルも問わず、クオリティーの高い音を鳴らし、聴き疲れもしない優秀なスピーカー「DB1 Gold」。聴けば聴くほどこのスピーカーのポテンシャルを感じる非凡なスピーカーだと思います。

【SPECIFICATIONS】

周波数特性  50Hz ~ 25kHz
入力感度(1W、1m)87dB
クロスオーバー周波数 2kHz
公称インピーダンス 8Ω
推奨アンプ出力 40 ~ 200W
ドライブユニット[低域] PMC ドープド140mm、キャストアロイシャーシ
ドライブユニット[高域] 27mm ファブリックソフト・ドーム
入力コネクター 4mm ソケット× 2 ペア(バイアンプ/ バイワイヤリング対応)
ATL 1.5m
寸法(W×H×D)
155 × 290 × 234mm
質量 4.5kg
JANコード 4580197833286

■[販売ページ]PMC 2-Way モニタースピーカーシステム DB1 Gold [ペア]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事